村木英語教室は「BBカード」と「多読」により楽しく英語を
学ぶ教室です。

BBカードは64枚の絵カードとそれに対応する文字カード、
計128枚で構成され、英検3級程度の文法事項を網羅しています。
このカードを基に64の基本例文を覚え「自分の言いたいことを
表現する力」を身につけていきます。

また本をたくさん読む「多読」をすることで「英文の仕組み」が
わかるようになります。現在の小学高学年のお友達はすでに
中学生レベルの本を楽しく読んでいます。

小学生時代にたくさん音読をした生徒さんは、中学以降に
ぐ〜んと伸びます。卒業された生徒さんから「英検に合格し
ました。」「長文読解の成績がいいです。」などのお声をいただき
ます。

どうぞ御見学にいらして「楽しく学びながら力がつく」様子を
実感してください。

IMG_0142_convert_20100326142406.jpg

[広告] VPS
読書手帳に読んだ本のタイトルを書きます。
特にアルファベットを一つずつ書く練習はしませんが、見よう見まね
で書くうちに上手になります。

[広告] VPS
小学生(低学年)と年中さんのクラスです。
小さいうちは、たくさんBBカードで遊んで64枚のセンテンスを
覚えます。

[広告] VPS
小学4年、5年のクラスです。高学年になると
WritingやBBカードをもとにした作文などを取り入れ中学の英語に備えます。
テーマ:英語教室
ジャンル:学校・教育
金曜日 (4年〜6年)   16:30〜17:20 




テーマ:英語教室
ジャンル:学校・教育
村木英語教室では、教室のオリジナルプリントで英作文を
しています。まずレッスンで一緒に解きます。同じものを宿題
に出します。そして翌週同じものをテストします。

合計3回同じ文章を書きます。こうして基本的な英文をどんどん
覚えていきます。でもあまり文法の説明はしません。

BBカードもそうですが、小学生のうちにたくさん英文に触れて
ある程度書けるようにして卒業していただくのが目標です。

単語テストもしています。単語だけを覚えるのではなく、Dictation
をしながらその本に出た単語を拾っているので、比較的覚えやすい
ようです。

あとイベントはしません。ハロウィンの仮装とかしません。
勉強中心の教室です。
テーマ:英語教室
ジャンル:学校・教育
前回と同じで、Be動詞と一般動詞についてです。

「Mr. Celery はパイロットです。」はMr. Celery is a pilot.
と出来るのですが、

「Mr. Celery はバターを買います。」だと、
Mr. Celery is bought some butter.
と、isを一般動詞の前につけてしまいます。Be動詞を
教えなかった時は、Mr. Celery bought some butter.と
出来ていました。

小学生にBe動詞を教えると、このように混乱します。
ただ中学生になって、この違いが理解できないと苦労します。
そのため小学生ですが英作文のプリントを宿題にしています。

幸いみなさん、本はお家でしっかり読んでくるので、レッスンで
いろいろなことが出来て、私もあれこれ考えるのが楽しみです。
テーマ:英語教室
ジャンル:学校・教育
中学生になって困るのが、一般動詞とBe動詞の違いです。

Be動詞の時は、I am a student.のように、主語と補語がイコール
になります、と説明するのですがピンとこない場合もあります。

BBカードは現在形、過去形など時制が入っているのですが
Be動詞の主語と補語がイコールのセンテンスはないです。

そのため、レッスンでは補助カードを使って、勉強します。
補助カードを見せながらこんな感じでしています。

私:Bettyちゃんって、magicianらしいよ〜
生徒:Betty is magician.

私:職業の前はaをつけようね。
生徒:Betty ia a magician.

私:帽子をかぶった猫って、magicianだったらしいよ〜
  (過去形ね)
生徒:The cat in the hat was a magician.

これを、突然 彼は〜です。を英語にしてごらん、と質問しても
できません。でも主語をBBにするとできます。主語をBB
にしたセンテンスを言ってから、I, my mother, she, he, his
fatherなどに主語を変えるよう言うと、だいたい出来ます。

主語と補語がイコールという説明も、小学生だとピンとこない
ので(中学生でも理解できない場合もあります。中2ぐらい
になって、あ〜そういえば、そうだね。と回路がつながるよう
です)、とにかく職業とか、その人の様子(疲れた、嬉しい、など
要は形容詞)の時は、am, is,areなどだったと感覚でつかめて
貰えば十分です。

今は、BB歴が長い子が多いので、リスニングやDictation、
作文や単語をひたすら早く書く練習など、いろいろなことを
していて、ゲームをする時間は少ないのですが、それでも
過去にたくさんBBで遊んだ時間はやはり大切だったと思います。

テーマ:英語教室
ジャンル:学校・教育